経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修2017 参加者募集中

2017/05/17


<本講座の特長>


【特長1】コーポレートガバナンス・コードに対応

【特長2】世界に通用する経営幹部を育成

◆コーポレートガバナンス・コードにおいて、「取締役・監査役は、上場会社の重要な統治機関の一翼を担う者として期待される役割・責務を適切に果たすため、その役割・責務に係る理解を深めるとともに、必要な知識の習得や適切な更新等の研鑽に努めるべき」と明記されています。

◆具体的には「会社の事業・財務・組織等に関する必要な知識を取得する」、「取締役・監査役に求められる役割と責務(法的責任を含む)を十分に理解する」ことが求められており、『経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修』は、これらの内容を網羅したプログラムです。

◆日本のコーポレートガバナンスの普及活動を設立時より行ってきた、当協会だからこそ実現できるプログラムです。コーポレートガバナンスの仕組みは何のために整えるのか、その思想や目的を平易に解説いたします。

◆全6回中4回のご出席(代理出席を除く)にて、修了証を発行いたします。(英文/和文ともに対応可能)

主 催: 一般社団法人日本取締役協会
対 象: 企業の管理職
定 員: 20名
期 間: 2017年9月1日(金)~11月29日(水) 全6回 17:00~19:50 ※初回のみ16:30開始
会 場: 日本取締役協会・ボードルーム (JR浜松町駅直結・世界貿易センタービル6階)
受講料: 378,000円(税込) ★日本取締役協会・会員優待価格:270,000円(税込)

▼講座の様子(YouTube)

→ 過去の講師・テーマ一覧
→ 過去の受講企業一覧
→ 受講者の声

<プログラム> ◆New◆全日程決まりました!

Day 1 2017年9月1日(金)16:30~19:50 ※初回のみ16:30~オリエンテーション
オリックス株式会社 シニア・チェアマン 宮内義彦氏
「企業経営とコーポレートガバナンスの必要性について」
東京大学 名誉教授 弁護士 落合誠一氏
「経営者の経営決定と責任-『攻めの経営』実現の観点から-」

Day 2 2017年9月20日(水)17:00~19:50 
三井住友海上火災保険株式会社 シニアアドバイザー 井口武雄氏
「独立取締役の役割」(仮)
UBPインベストメンツ株式会社 代表取締役社長 吉原和仁氏
「投資家から見たコーポレートガバナンスの重要性」

Day3 2017年10月12日(木)17:00~19:50 
帝人株式会社 取締役会長 大八木成男氏
「イノベーションを創り出すコーポレートガバナンスとは」(仮)
公認会計士 日本公認会計士協会 相談役 奥山章雄氏
「経営幹部が知っておくべき『会計』」

Day4 2017年10月26日(木)17:00~19:50 
株式会社りそなホールディングス 取締役兼代表執行役社長 東和浩氏
「りそなのコーポレート・ガバナンスとサクセッションプランについて」
ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ マネージング・ディレクター 安田結子氏
「グローバルで戦うエグゼクティブの条件とは?」

Day5 2017年11月14日(火) 17:00~19:50 
早稲田大学 商学学術院 教授 広田真一氏
「ディスカッション 理想の取締役会とは?」

Day6(最終回) 2017年11月29日(水) 17:00~18:15※ 
株式会社大和証券グループ本社 名誉顧問 原良也氏
「攻めのガバナンスと経営管理態勢」(仮)
※講義終了後に修了式と懇親会を行います(20:30終了予定)

★講師プロフィールや詳しい内容は案内書(←こちらをクリック)をご覧ください。

==========================================
◇各セッションとも質疑応答・意見交換の時間を多く設けております。
◇休憩時間に軽食サービスがあります。
◇日程・講師・テーマ等は、都合により変更になる場合がございますので、
 予めご了承のくださいますようお願いいたします。
◇最終回の講義終了後、修了式と懇親会を行います。
==========================================

受講ご希望の方は、下記連絡先またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
案内資料と受講申込書をお送りいたします。


<お問い合わせ先>

日本取締役協会 事務局 TEL:03-5425-2861 (受付時間:平日9:00~17:00)
受講申込書ご請求・お問い合わせフォーム

入力例:foo@example.com


例)受講申込書送付希望、その他お問い合わせ内容など

(注)個人情報の取り扱いについて:お申し込みでいただいた情報に関して不明な箇所があった場合、確認のためe-mail・電話などでのご連絡をさせていただくことがあります。また、ご記入いただいた個人を特定できる情報については、以下の通り利用させていただきます。(1)各セミナーの運営およびそれに必要なご連絡 (2)今後のセミナー、シンポジウムなどの開発・サービス向上のための統計用データとして (3)主催団体からの各種情報のご案内。