• コーポレート・ガバナンスって何?
  • 【4月~開講決定!】社外取締役トレーニング2018 受講者募集開始
  • 「コーポレート・ガバナンス・オブ・ザ・イヤー®2017」受賞企業発表
  • コーポレート・ガバナンスに関するリンク集

NEW

2018/2/18 朝日新聞 問う 社外取締役、人材確保へ紹介や研修―社外取締役トレーニング

2018/2/7 産経新聞
「コーポレートガバナンス」大賞に花王

2018/2/7 フジサンケイビジネスアイ/ Sankei biz
大賞企業に花王を選出―コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー

2018/2/4 朝日新聞・朝日新聞デジタル
社外取締役目立つ兼務―4社以上191人 経営監視に懸念 ―取締役会規則における独立取締役の選任基準モデル 引用

新規ビジネス創出委員会(第3回)

2018/02/14

講師:Code Chrysalis,Co-Founder&CEO,Kani Munidasa氏
テーマ:日本は再びエンジニアリングリーダになれるのか?

thum180213_01.jpg

リレーブログ:コーポレートガバナンスの実効性を高める内部監査

2018/02/13

ゲスト:早稲田大学商学学術院教授 大月博司氏

世界各国でコーポレートガバナンス強化の動きがあるものの、企業による不祥事は後を絶たず、実効性を高めて中身の充実をはかるには、まだまだ課題が多いのが現状です。

第15回は、経営組織論を専門とされている、早稲田大学商学学術院の大月教授に、コーポレートガバナンスの現状と実効性を高めるための課題について語っていただきました。


 市場のグローバル化が進展するとともに競争が激化する中で、業種の如何を問わず不祥事による企業価値の毀損という現象が後を絶ちません。中でも、経営陣の指示による巨額な粉飾決算が行われたエンロン事件は記憶に新しいところです。そしてこの事件を契機に、不正の抑止につながる内部統制報告制度(J-SOX)が2006年にわが国でも導入されましたが、データ偽装、粉飾決算など不祥事に歯止めがかかりません。どうしてなのでしょうか。

日本取締役協会が開催している取締役・執行役員向け研修をまとめました。

2018年4月~開講決定!! コーポレートガバナンスが企業を鍛える!

・好評のトレーニング講座のスケジュールをリニューアル。
無理なく受講しやすい月1回に変更しました。
・講師陣やプログラムも、会社法改正・ガバナンスコードの見直しなどに対応し、
より実践的にアップデートしています。

<本講座の特徴>

○ 実績ある講師陣・プログラムを提供
企業の中長期的な成長を支える、コーポレートガバナンス制度が整い、コーポレートガバナンスの中心を担う、社外取締役が何をするかが問われています。 2001年の設立時より、コーポレートガバナンスの普及・啓蒙活動を行ってきた日本取締役協会の活動経験を活かし、社外取締役の経験豊富な経営者や実績のある専門家を講師陣に迎え、社外取締役の役割を十分に果たすための知識や必要な情報を提供します。

○ コーポレートガバナンス・コードに対応
修了証の発行により、トレーニングの証明が可能になります。

○ 終了後のアップデートプランが充実
トレーニングコースの受講生・修了者は、識者、参加者と自由に意見交換を行う社外取締役懇談会( ランチ会) 、ステップアップ講座への参加が可能です。( 費用別途)


【開講日】2018 年 4 月 17 日(火)~ 2018 年 11 月
     全7回(月1回程度開催)

【対 象】上場企業の社外取締役またはその候補者。
     社内取締役、コーポレートガバナンス担当役員
     取締役会サポート部門の方

【会 場】日本取締役協会 ボードルーム(JR浜松町駅直結)

<主催>一般社団法人 日本取締役協会

社外取締役TR

政府による成長戦略のひとつとして、コーポレートガバナンスを用いて、中長期的に健全な成長を遂げている企業を応援する企業表彰、コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー® (通称:ガバナンス表彰)の2017年度受賞企業を決定しました。

受賞企業

Grand Prize Company

花王株式会社


Winner Company

参天製薬株式会社


第一三共株式会社


東京都知事賞

株式会社 野村総合研究所

日本の金融の新しい動きを理解し戦略を考える委員会(第40回)

2018/02/02

講師:マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイティド・ジャパン シニアパートナー(東京オフィス) ピーター・ケネバン氏
テーマ:ペイシェントキャピタルと企業価値創造

◇短期志向投資家の台頭◇長期投資志向の重要性

日本企業グループに求められる不正対策

2018/01/30

講師:新日本有限責任監査法人 FIDS(不正対策・係争サポート)事業部長 シニアパートナー 公認会計士 荒張健氏
テーマ:日本企業グループに求められる不正対策

◇国内外における内部通報の現状◇日本企業が抱える課題◇不正リスク対応

取締役会の在り方委員会(第2回)

2018/01/26

講師:みずほ総合研究所株式会社 代表取締役社長 髙橋秀行氏
テーマ:<みずほ>のガバナンス改革について

◇みずほのガバナンス態勢◇取締役会運営の変化◇取締役会の実効性評価