• 経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修 受講者募集中
  • コーポレート・ガバナンスって何?
  • コーポレート・ガバナンスに関するリンク集

<本講座の特長>

○お忙しい方向けに、早朝の時間(8:20~9:50)を活用し、会社法改正・ガバナンスコード改訂版を踏まえ、昨今の経営上の最重要課題に関する実践的なエッセンスだけを提供する短期集中コースを設定しました。

○終了後のアップデートプランが充実
トレーニングコースの受講生・修了者は、識者、参加者と自由に意見交換を行う社外取締役懇談会( ランチ会)、ステップアップ講座への参加が可能です。(費用別途)

期間:2018年9月11日(火)、9月13日(木)、9月20日(木) 毎回 8:20~9:50 全3回 ★朝食付き
対象:企業の取締役(社内・社外)またはその候補者。※トレーニングに関係する業種の方のお申し込みはお断りいたします。予めご了承お願いいたします。
会場:ホテルニューオータニ (千代田区・紀尾井町)
主催:一般社団法人 日本取締役協会

社外取締役TR

第16回定時会員総会

2018/05/17

帝国ホテル東京(内幸町)

◇特別講演
講師:衆議院議員 経済再生担当大臣 茂木敏充氏
テーマ:日本経済の現状と今後の課題

◇当協会会長メッセージを更新しました。

式次第 PDF MEMBER

◇会長所信・決議事項(約26分)MEMBER


◇報告事項・委員会活動方針の発表(約35分)MEMBER

<本講座の特長>

【特長1】コーポレートガバナンス・コードに対応

【特長2】世界に通用する経営幹部を育成

◆コーポレートガバナンス・コードにおいて、「取締役・監査役は、上場会社の重要な統治機関の一翼を担う者として期待される役割・責務を適切に果たすため、その役割・責務に係る理解を深めるとともに、必要な知識の習得や適切な更新等の研鑽に努めるべき」と明記されています。

◆具体的には「会社の事業・財務・組織等に関する必要な知識を取得する」、「取締役・監査役に求められる役割と責務(法的責任を含む)を十分に理解する」ことが求められており、『経営幹部のためのコーポレート・ガバナンス研修』は、これらの内容を網羅したプログラムです。

◆日本のコーポレートガバナンスの普及活動を設立時より行ってきた、当協会だからこそ実現できるプログラムです。コーポレートガバナンスの仕組みは何のために整えるのか、その思想や目的を平易に解説いたします。

◆全6回中4回のご出席(代理出席を除く)にて、修了証を発行いたします。(英文/和文ともに対応可能)

主 催: 一般社団法人日本取締役協会
対 象: 企業の管理職、執行役員・取締役、その候補者
※トレーニングに関係する業種の方のお申し込みはお断りいたします。予めご了承お願いいたします。
定 員: 20名
期 間: 2018年9月5日(水)~11月  全6回 17:00~19:50 ※初回のみ16:30開始
会 場: 日本取締役協会・ボードルーム (JR浜松町駅直結・世界貿易センタービル6階)
受講料: 378,000円(税込) ★日本取締役協会・会員優待価格:270,000円(税込)

★詳しい内容は案内書(←こちらをクリック)をご覧ください。

▼講座の様子(YouTube)

→ 過去の講師・テーマ一覧
→ 過去の受講企業一覧
→ 受講者の声

NEW

2018/05/15 日経CNBC 朝エクスプレス マーケッツのタネ 「長期経営・長期投資のために~コーポレートガバナンスの課題」―宮内義彦会長インタビュー

2018/5/15 時事通信
宮内日本取締役協会会長:成長に向け果断にやれる経営者選びを―定例会長記者会見

2018/5/11 ブルームバーグ
「株主は平等ではない」リーマン危機に学ぶーオリックス宮内氏の哲学

◇経営幹部の基礎知識+時代のニーズに合ったテーマを常に盛り込んでおります。
◇ニュースの真相に迫る、タイムリーな講義になることも!
◇同じタイトルでも最新の内容にアップデートされております。
(敬称略。役職は講演当時)

成長戦略委員会(第14回)

2018/04/25

講師:株式会社オープンハウス 代表取締役社長 荒井正昭氏
テーマ:オープンハウス 成長の裏側と目指す未来

◇成長の源泉◇初めての中期経営計画「Hop Step 5000」◇オープンハウスの成長戦略