ガバナンス情報

コーポレート・ガバナンスの重要な要素である、
社外取締役や独立取締役についての調査や
ガイドライン、経営や制度・法律に関する意見書など、
取締役や取締役会に関する公開情報を掲載しています。

ガバナンス・オブ・ザイヤー:メディア掲載、イベント出演

2020年3月13日[ コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー ]

パブリシティ

2020/03/04 日刊ケミカルニュース
三井化学 コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤーを受賞

2020/03/02 日経CNBC
朝エクスプレス マーケッツのタネ―解説副委員長 兼 エグゼクティブプロデューサー 直居 敦氏
コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2019

2019年12月号

2019年12月 9日[ 雑誌「コーポレートガバナンス」 ]

トップランナー:企業経営の改革者に聞く
中田卓也(コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2018 Grand Prize Company ヤマハ株式会社 取締役 代表執行役社長)
芳賀裕子(名古屋商科大学マネジメント研究科 NUCB ビジネススクール准教授)
OPINION:変容する米企業の株主第一主義 木内登英 他

2019年9月号

2019年9月20日[ 雑誌「コーポレートガバナンス」 ]

トップランナー:企業経営の改革者に聞く
斉藤惇(コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー 審査委員長)
安田結子(ラッセル・レイノルズ・アソシエイツ マネージング・ディレクター)
OPINION:緊張感に包まれた歴史的な株主総会 井伊重之 他

緊急意見 日本の上場子会社のコーポレートガバナンスの在り方 (2019)

2019年7月30日[ オピニオン ]

日本取締役協会(会長 宮内義彦)は、現在マスメディア等で取り上げられている、日産、アスクルの問題などを受け、日本の上場子会社のコーポレートガバナンスの在り方、間違った欧米流の資本の論理の解釈を是正し、支配的株主の少数株主保護義務についての考え方を発表します。

ICGN 2019 東京大会のパートナーになりました。

2019年3月 6日[ メディア・ロビー活動 ]

国際コーポレートガバナンス・ネットワーク (ICGN)は、2019年 年次大会を開催する旨を公表しました。

600 を超える影響力のあるガバナンスのプロフェッショナルが東京に集まり、日本再興戦略が、長期的企業価値の向上を通じて、持続可能な世界経済に貢献しているかをテーマに議論を行います。

本イベントは、2019年7月16日~18日まで、ホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)にて行われます。

日本取締役協会は、このイベントにパートナーとしてサポートを行うことになりました。

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2017 表彰式を開催

2018年2月19日[ コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー ]

2018年2月19日(月)帝国ホテル東京において、ガバナンス表彰2017の表彰式を開催しました。

宮内義彦会長のあいさつに続き、今年は特別賞である東京都知事賞が株式会社 野村総合研究所に授与されるにあたり、東京都知事 小池百合子様にご登壇いただきました。

180219_02.JPG
東京都知事賞 株式会社 野村総合研究所 取締役会長 嶋本正様、東京都知事 小池百合子様